子ども服やベビー用品のお下がり。どこまでなら許せる?

子どもが産まれると、先輩ママから「ウチではもう使わないから」と子ども服やベビー用品のお下がりを譲り受けることがありますよね。ママのみなさんも一度はお下がりをもらった経験があるのではないでしょうか。経済的にはとても助かるお下がりですが、古着や中古品はどうしても抵抗があるという声もよく耳にします。そこで今回は、ママたちのお下がり事情について調査しました!

他人から譲り受けたお下がりを、お子さんに使ったことがありますか?

1位 はい 91%
2位 いいえ 9%

多くのママがお下がりを譲り受けた経験があることがわかりました。

では、だれからもらったお下がりなら、抵抗なく使えるのでしょうか?

お下がりは、どこまでなら抵抗がないですか?

1位 フリーマーケットなど赤の他人でもOK 41.7%
2位 親しい友人ならOK 36.8%
3位 親戚ならOK 10.4%
3位 兄弟間ならOK 10.4%
5位 兄弟間のお下がりでも抵抗がある 0.7%

まったく知らない人のものでも大丈夫という声が一番多い結果となりました。子ども服などはすぐに着られなくなるので、お下がりでも構わないという方が多いようですね。

続いて、兄弟間でのお下がり事情について見てみましょう。

兄弟・姉妹でお下がりを使っていますか?

1位 はい 56.9%
2位 いいえ 5.6%

・兄弟、姉妹はいない…37.5%

兄弟や姉妹がいるご家庭では、お下がりは当たり前のようです☆

では、お子さんはお下がりについてどう感じているのでしょう?

お兄ちゃんお姉ちゃんのお下がりを、下の子は嫌がりますか?

1位 いいえ 64.6%
2位 はい 3.5%

・未回答…31.9%

上の子は弟や妹にお下がりをあげることを嫌がりますか?

1位 いいえ 61.8%
2位 はい 4.2%

・未回答…34.0%

お下がりを嫌がるお子さんは、意外と少ないようです。

では、嫌がるお子さんは、お下がりのどんなところが嫌なのでしょうか?

「下の子が小さいときはわかっていないが、大きくなると自分ばかりおさがり……とすねることがある」(11歳と9歳・男の子のママ)
「これはお兄ちゃんの!と言って着ませんでした」(7歳と4歳と1歳・男の子のママ)
「お気に入りのおもちゃを弟に渡したくないと駄々をこねることが多かったです」(5歳と3歳・男の子のママ)

「自分のもの」と「他人のもの」を区別できる年齢になると、お下がりを嫌がるお子さんも出てくるようです。かといって、兄弟ごとに新しいものを買ってたら家計も大変……。そこで、子どもがお下がりを嫌がらないようにするコツを先輩ママたちに聞いてみました!

お下がりを嫌がらせない工夫があれば教えてください

「すごく似合う!とか、暖かくて気持ちいいよ!と絶賛する」(14歳と11歳・女の子のママ)
「お下がりのかわりに〇〇君(下の子)には何か別のものを買ってあげるね!と下の子に言う」(11歳と9歳・男の子のママ)
「男女ともに着られるような色やデザインのものを買う」(10歳・女の子、5歳・男の子のママ)
「お下がりだってことをわざわざ言わないことと、お兄ちゃんがくれたんだよ~良かったね~と良いこととして伝える」(8歳と2歳・男の子、6歳・女の子のママ)
「これはとてもカッコイイ!と良いものと伝えた。服だったらこれ着たらすごくカッコイイよ!お兄ちゃんのだから、お兄ちゃんみたいでカッコイイと言います」(7歳と5歳と1歳・男の子のママ)
「新しいものだよと説明する」(4歳・女の子、1歳・男の子のママ)

お下がりが良いものだと伝えたり、絶賛してあげたりすることがポイントのようです♪また男の子と女の子の兄弟間であっても、あらかじめ男女で着られるデザインの服を選んで買えば、お下がりもできちゃうようですよ☆

おわりに

最近は個人で自由に売り買いができるフリマアプリが大変人気!フリマアプリでお得に子ども服やベビー用品を手に入れているママもきっといらっしゃいますよね☆上手に使えば家計には大助かりなお下がりを、ぜひ活用してみてください。

(文/浅見志緒)