【卒乳や断乳はいつ?】卒乳・断乳について先輩ママから学ぶ成功エピソード!

授乳はママと赤ちゃんの結びつきを強くする大切なコミュニケーション。でも、そんなつながりをいつか断つ日が必ずやってきます。

きっかけは様々あると思いますが、あなたが経験したのは、ママから授乳を終りにした「断乳」でしたか?それとも子どもが意思表示をしての「卒乳」でしたか?

どんなふうにして進めたか、やタイミングなど、「断乳」「卒乳」エピソードを教えてください!

「断乳」それとも「卒乳」?

『ママから終りにする「断乳」と子どもからやめる「卒乳」、どっちだった?』

1位 断乳 70%
2位 卒乳 30%

アンケートでは「断乳」が7割という結果になりました。
多数派のママたちが「断乳」に踏み切るきっかけになったのは、

5歳・男の子のママ
体調を崩し薬を飲まないといけなくなった

4歳・男の子のママ
子どもに歯が生えてきて授乳のときに乳首が痛くなった

7歳と3歳・女の子のママ
保育園に預けるため

6歳と3歳・男の子と女の子のママ
仕事を始めるため

ママの気持ちや状況で進めた「断乳」

まだまだおっぱいやミルクをほしがる子どもたちに、どう接することで「断乳」を成功させたのでしょう?

8歳・男の子のママ
子どもを両親に預け断乳した

5歳と2歳・女の子のママ
すべて桶谷式で。次女のときは、おっぱいに絵を描いた。息子のときはおんぶして我慢させた

4歳・男の子のママ
2歳になってもやめられず、乳首にわさびをぬって親子ともども泣く泣くお別れ……

といった方法で。

ミルクをほしがる子どもの声にグッと我慢しなければならない「断乳」は実にツライ作業。でも乗り切ったときのママの達成感といったら!乳離れに「寂しい」というママの声は意外と少ないようです。

つぎは「卒乳」派の声

こちらは子どもが自分から「おっぱいやミルクがもう必要ない!」と感じたケース。

4歳・女の子のママ
授乳は夜中起きた時に1回だけだったのですが、ある日泣いて起きたのであげようとしたら激しく拒否され、それ以来夜中に起きなくなり、気がつけば卒乳していました

と、子どものはっきりした意思で卒乳できたというコメント。
与える回数が徐々に減っていくことで自然と卒乳できたというママの声も多数ありました。

また、

4歳・男の子のママ
離乳食を始めたら、どんどん興味をなくしていったみたい

と、離乳食がきっかけとなる子どもも多いよう。
そのほか、子どもにおっぱいをかじられ「痛い!」と言ったら次の日から飲まなくなった、遊ぶのが楽しくなり自然とおっぱいに興味がなくなった、などの「卒乳」エピソードがありました。

「卒乳」派では「意外と簡単に終わり、ちょっと寂しかった」という声が目立ちました。

キーマンは「パパ」!?

そして、「断乳」「卒乳」どちらの場合にも重要人物として登場してきたのが、なんと、パパ!!

おっぱいの授乳では母子の間にほとんど入ることもできず、ミルクの授乳でもお願いできる時間が限られていたりして、あまり授乳には役に立っていなかった感じのパパですが……。

6歳・男の子のママ
母乳が出るにも関わらず、子どもが育児休暇中の旦那の抱っこから離れるのを嫌がり、旦那からミルクを飲みたがって母乳を拒否してきた

4歳・男の子、0歳・女の子のママ
主人が休みの日、私が仕事で遅くなり帰宅したところ、添い乳でしか寝られなかった息子が寝ていた。そのときから飲まなくなりました

パパが添い寝すると、なぜか「断乳」「卒乳」がスムースに進むという声が!!これから「断乳」「卒乳」を迎えるママたち。かなり手こずる寝かしつけには、パパの力を十分に借りてみてはどうでしょう?

「卒乳」のタイミングは離乳食?

先輩ママから後輩ママへ。卒乳のタイミングや心構えを教えます!