子どもはここまでできる!!年齢別お手伝いリスト♪

ママとしては、できることなら色々とやらせてみたいお手伝い。でも、お子さんの年齢に合ったお手伝いをお願いしないと、簡単すぎてすぐ飽きてしまったり、むずかしすぎてできなかったりしてしまいます。どんなお手伝いをさせれば良いのか……、ママにとっては悩みどころですよね。

今回は、先輩ママたちにアンケートして、子どもの年齢に合わせたおすすめお手伝いを教えていただきました。みなさんのお子さんには、どんなお手伝いがベストなのでしょう!?

2歳以下のお子さんにおすすめのお手伝いを教えてください

「おもちゃを片づける。パパになにか持っていく」(11歳と4歳と3歳・女の子、6歳・男の子のママ)
「割れない食器を運んでもらう」(6歳・女の子のママ)
「お箸を並べたり、お皿を配ったりです」(6歳と3歳・男の子のママ)
「ごみ捨て・指定したものを取ってくる」(3歳・女の子のママ)
「軽いお菓子などが入ったスーパーの袋持ち。家や自転車の鍵を開けてもらう。保育園の登園時などにICカードをかざしてもらう」(2歳・男の子、0歳・女の子のママ)

2歳以下のお子さんには、物を運んでもらうといった回答が目立ちました。本格的なお手伝いというよりは、お手伝いがどんなものか体験させてあげる感じかもしれませんね。とはいえ、簡単なことであっても、最後にお礼はしっかりと伝えてあげるのが◎。お子さんがお手伝いできたら、顔を見てしっかり褒めてあげましょう!

3~4歳のお子さんにおすすめのお手伝いを教えてください

「洗濯物をはずす。食事のお皿を運ぶ。箸を並べる」(11歳と4歳と3歳・女の子、6歳・男の子のママ)
「おじいちゃん・おばあちゃんに電話。祖父母をよろこばせるのも大事なお仕事です」(9歳・女の子、4歳・男の子のママ)
「朝起きた後のベッドメイキングをいっしょにしています」(9歳・男の子のママ)
「クッキーの型抜き、パンをこねて成型、ホットケーキなどを混ぜる、プラスチックのお皿などを拭く」(4歳・女の子のママ)
「下膳・きのこを手でばらす・たまごをまぜるなど簡単な料理のお手伝い」(3歳・女の子のママ)
「キッチンで切った野菜を鍋に入れる。野菜をいっしょに切る」(3歳・女の子、0歳・男の子のママ)

3歳~4歳になると、できることも増えてきますね。このくらいの年齢になってくると、料理のお手伝いをしてもらうママが多いようです。何事にも興味津々なお年頃ですので、いろいろなことにチャレンジさせてあげましょう!

5~6歳のお子さんにおすすめのお手伝いを教えてください

「お米とぎやお握りやサラダ作りなどの料理、ゴミ捨て、新聞を取ってくる。下の子のお世話など」(14歳と12歳・女の子、9歳・男の子のママ)
「クイックルワイパーで掃除をしてもらう。洗濯物をたたむ」(11歳と4歳と3歳・女の子、6歳・男の子のママ)
「お風呂掃除や窓拭き、鏡磨き、靴を洗うなど。本当にきれいにできているかは謎なので、3回に1度ぐらいはママかパパがやったほうが良いと思います」(9歳・女の子、4歳・男の子のママ)
「お皿を拭いてもらう。横になっているところを上から乗ってもらってマッサージをしてもらいました」(7歳・女の子のママ)
「食器を洗ったり拭いたりするお手伝い。食材の下準備、豆をさやから出すなど」(6歳と3歳・男の子のママ)
「コンロをつかった料理にもチャレンジ。火の調節だけはママがやりました」(6歳・男の子のママ)

5歳~6歳になると、包丁を持たせたり、掃除をしてもらったりと、お手伝いの難度もレベルアップしていきますね。これくらいの年になるとすべて1人でやりたがり、ママにとっては二度手間になってしまうことも多いようですが、ここは親としてしっかり見守ってあげるのが◎。「やらないで!」なんて言い方をついついしてしまわないよう、注意したいものですね。

おわりに

子どもの成長に合ったお手伝いをさせることは、子どもの好奇心を刺激し、お手伝いを習慣化させることにも繋がります。進んでお手伝いをやってもらいたいのであれば、むずかしすぎず、簡単すぎないお手伝いがベストです!みなさんも先輩ママのご意見を参考に、お子さんの年齢に合ったお手伝いをチョイスしてあげてくださいね♪

(文/浅見志緒)