毎月決まった額の貯蓄をしている家庭は53%!

突然ですがみなさん、お金を貯めるのは得意ですか?貯金するのに苦労しているという方のほうが圧倒的多数かと思います。そこで今回は家計を預かるママたちのために、外食で使う金額やお金を上手に貯めるコツを、先輩ママたちに調査してみました!

毎月決まった金額の貯蓄をおこなっていますか?

1位 はい 53.6%
2位 いいえ 46.4%

わずかにですが、貯蓄しているママのほうが多い結果になりました。
では、貯蓄している方は、どのくらいの割合を貯蓄に回しているのでしょう?

世帯収入の何パーセント位を貯蓄していますか?

1位 5~10% 15.2%
1位 10~20% 15.2%
3位 5%以下 14.5%
4位 20~30% 3.6%
4位 30~40% 3.6%
6位 40~50% 2.9%
7位 50%以上 1.4%

収入の1割前後を貯蓄に回している方が多い傾向でしたが、なかには、収入の半分以上を貯蓄しているママもいるようですね。

貯蓄するためには支出の管理も大切なこと。代表的な支出のひとつが外食費ですよね。みなさん、どのくらいの頻度で外食しているのでしょうか?

家族で外食するのは、月に何回位ですか?

1位 2~3回 38.4%
2位 1回以下 34.1%
3位 3~5回 21.0%
4位 5~10回 5.8%
5位 10回以上 0.7%

外食頻度は、平均すると月2回前後という方が多いようです。なかには10回前後と答えたママもいらっしゃいましたが、この結果は、ママが仕事をしているかにも関わってくるかもしれませんね。

1度の外食で、家族が使う平均金額を教えてください

1位 3,000円~5,000円 43.5%
2位 1,000円~3,000円 37.7%
3位 5,000円~7,000円 9.4%
4位 1,000円以下 4.3%
5位 7,000円~10,000円 3.6%
6位 10,000円以上 1.4%

ランチやディナー、家族の人数によっても異なりますが、3,000円前後という方が多いようです。
外食にまつわるお金がわかったところで、最後に貯蓄のコツについて見ていきましょう。

お金を貯めるコツがあれば、具体的に教えてください

「おろせないように、ソーシャルトレーディングなどに投資をしています」(11歳・女の子のママ)
「特売やセールを活用する。たとえば、ジュースをコンビニで買うようなことはせず、安い大きなペットボトルをスーパーで買います」(11歳・男の子のママ)
「先におおまかな予算を立てておいて、2日に1回は家計簿をチェックすることです」(9歳・女の子、3歳・男の子のママ)
「毎月決まった額を別通帳に貯金。生命保険は貯蓄型。我が家は子ども3人分の通帳を作り2万円ずつ入れている。もし大学に行かない道を歩んだとしても、結婚資金や就職祝いなどをそのお金でしてやれると思うので」(9歳と6歳と3歳・男の子のママ)
「まず貯蓄分をはじめにわけておくこと」(8歳・女の子のママ)
「出費は決まった額までと決める」(8歳・男の子、4歳・女の子のママ)
「ゆるく貯金しています。毎月何万って高額貯金すると生活が苦しくなるので、家族みんなひとりずつ1000円貯金、冠婚葬祭2000円貯金、車10000円貯金、家5000円貯金、小銭貯金(帰宅後小銭全部貯金箱に溜まったら通帳に)をしています」(4歳・男の子、3歳・女の子のママ)
「1週間を1万円予算にして、残ったお金は貯金。これを繰り返すと週の終わりにこれだけ残ったと達成感を得られる」(3歳・男の子のママ)
「給与天引きなど、強制的に貯蓄する」(2歳と0歳・男の子のママ)
「外食しないことが一番。家できちんとご飯を食べた方が断然経済的だと思う」(2歳・男の子のママ)
「先取り貯金をすること。おろしにくい口座に貯めること」(2歳・女の子のママ)
「外出しないこと。買い物する機会を持たないこと。断捨離して、いらないものは売る」(0歳・女の子のママ)

コツコツ貯めるのが好きな方は、家計簿をつけたり、1週間の予算を決めたりと随時支出を見直しながら貯蓄しているようです。逆に、コツコツが貯めるのが苦手という方は、給与が入ったら先に預金するようにしたり、保険や株式などで運用したりするといった方法もいいかもしれませんね。

おわりに

普段なかなか聞けない他人のお金の使い方。お金の管理が得意な方も、そうでない方も、参考になる話があったのではないでしょうか?子どものために貯金するのも良いですし、老後や旅行など家族で楽しむために貯めるのも良いですよね。貯金が苦手な方も、まずはできそうな方法からはじめてみてはいかがでしょう?

(文/浅見志緒)