お子さんとの外食! ママがメニュー選びで気をつける点を調査!

お子さんを連れての外食。楽しみにしているお子さんが多い一方、ママたちには心配事がたくさん……。
そこで今回は、外食の際に先輩ママたちが気をつけていることや、外食にまつわるアレコレについて聞いてみました!

お子さんといっしょに外食しますか?

1位 はい 92.6%
2位 いいえ 7.4%

9割以上のママたちが、お子さんを連れて外食に行くと回答しました。反対に、外食に行かないと答えたママはこんな理由をお持ちのようです。

「食費がかかるので…」(6歳・男の子のママ)
「食材が生か冷凍なのか、国産なのか不明であるため。また外食は味付けが濃くなっているため」(1歳・女の子のママ)

では、外食に行くママは、お子さんが何歳くらいの頃から、外食に連れて行っているのでしょう?

いっしょに外食をしはじめたのは、いつ頃からですか?

・1歳未満と答えたママの声

「2ヵ月頃から連れ出していたが、食べたのは8ヵ月頃かな」(10歳と9歳と3歳・男の子のママ)
「生後半年くらい」(3歳・女の子のママ)
「離乳食開始よりも前」(2歳・男の子のママ)

・1歳以降と答えたママの声

「子どもと外食でそのお店の料理を食べるようになったのは1歳くらいです。ごはんやおかずの食べられるものを分けてあげたり、そばは食べていました」(4歳と2歳と1歳・男の子のママ)
「1歳すぎて、お子様メニューや大人の取り分けができるようになってから。それ以前は、市販の離乳食を持参して公園や児童館などでたべたことはあります」(3歳と0歳・女の子のママ)
「離乳食が終わりかけてから。1歳過ぎてからだったと思う」(2歳・男の子のママ)

ほとんどのママたちが、0歳~1歳くらいから外食を開始したと答えてくれましたが、なかにはこんな回答もありました。

「幼稚園の頃」(7歳・女の子のママ)
「4歳頃です」(10歳・男の子のママ)

続いては、お子さんの好き嫌いについてです。

お子さんがはじめて好き嫌いしたのは、なにですか?

・野菜系と答えたママの声

「緑の野菜はほとんど苦手でした」(6歳・女の子のママ)
「春菊を利用したあえ物」(4歳と2歳・女の子のママ)
「人参です。その後また好きになりました!」(4歳と2歳と1歳・男の子のママ)
「ピーマン。3歳ごろからです」(4歳と0歳・女の子のママ)
「トマト。酸味が苦手だったようで…」(2歳・男の子のママ)

・お肉類と答えたママの声

「硬い豚肉」(5歳と2歳・男の子、0歳・女の子のママ)
「鶏むね肉」(5歳・女の子のママ)
「肉類全般」(2歳・女の子のママ)
「肉だんご」(1歳・女の子のママ)

・そのほかのママの声

「意外と洋風の味付けは食べませんでした」(9歳・男の子のママ)
「酸味のある果物」(7歳・女の子のママ)
「豆腐はあまり好きになってくれませんでした」(6歳・男の子のママ)
「パスタなど細麺です」(1歳・女の子のママ)

野菜嫌いなお子さんは多いですが、意外にも、洋風の食事や果物がNGというお子さんもいるようです。

引き続き、外食のときに気をつけている点も聞いてみました。

外食の際、お子さんの食べるものに気をつけている点などがあれば教えてください。

「ラーメンなどの炭水化物や、肉類が好きなので、なるべく添加物の少なそうな店を選び、外食が続かないようにしています」(10歳・男の子のママ)
「濃い味や、過度な調味料は除く」(10歳・女の子、6歳と4歳・男の子のママ)
「脂っこいものは避けたい。お子様ランチは好きだけど、いっしょに大人のサラダを与える」(9歳と8歳と3歳・男の子のママ)
「味の濃くないものを選ぶ」(4歳と1歳・男の子のママ)
「香辛料の入っていないもの」(4歳・男の子、1歳・女の子のママ)
「なるべく野菜も食べられる店舗に連れて行かないと全体的な食べる量が減ってしまうので野菜料理がある店舗に連れて行っています」(2歳・女の子のママ)
「嫌いなものばかりではないか。嫌いなものだと思うけど、チャレンジさせたいなと思えるメニューかどうか」(2歳・男の子のママ)
「魚など生ものを食べさせないようにしている」(2歳・男の子のママ)

お子さんに合わせてメニューを選んだり、好き嫌いをなくすよう工夫したりしているママも多いようです。このほか、アレルギーを持っているお子さんに配慮したメニューがある店を選ぶ、味付けや素材選びに気をつけるなどの声もあがりました。

おわりに

外食は便利な反面、どんな調理法なのか、どこの産地なのかなど、いろいろと気にする部分も出てきますよね。とはいえ、神経質になりすぎてしまっては外食を楽しめませんので、最低限譲れない条件だけ決めて、外食を楽しむといいかもしれませんね。

(文/浅見志緒)