スプーン・フォーク・お箸のスタート時期や、上手に使うコツを調査!

お子さんが自分で食事をするようになると、必ず使うスプーン・フォーク・箸!しかし、使い方を間違えてしまうと、ケガや事故につながってしまいますし、正しい使い方を覚えてもらうのも一苦労ですよね。そこで今回は、食事には欠かせないこれらの道具について、スタート時期や上手に使うコツなどを、先輩ママたちに聞いてきました。
まずはみなさん、お子さんが何歳のときからスプーン・フォークなどを持たせているのでしょう?

お子さんが、スプーンやフォークを使って食事できるようになったのはいつごろですか?

1位 1歳~1歳6か月 46.3%
2位 6か月~1歳 23.4%
3位 1歳6か月~2歳 16.6%
4位 2歳~2歳6か月 11.4%
5位 6か月未満 1.1%
6位 2歳6か月~3歳 0.6%
6位 3歳以上 0.6%

1歳前後という回答が5割以上という結果になりましたが、6か月未満という方や、3歳以上の方など、個人差も大きいようです。

続いて、スプーンやフォークの上手な使い方について、みなさんのご意見を見ていきましょう。

お子さんがスプーンやフォークを上手に使えるように、工夫していることはありますか?

「持ちやすい形状のものを探す」(8歳と5歳と2歳・男の子のママ)
「手づかみしか出来ないときも、とりあえずそばに使いやすいスプーンを置いておいたら使ってみるようになった」(7歳と4歳と2歳・男の子のママ)
「自分が食べるのを見せつつ、実際に持たせてうまくいかなくてもならしていきました」(6歳と4歳・女の子のママ)
「握りやすいものから始めたのと、スプーンやフォークで食べやすい形のものを離乳食で出していました」(5歳・男の子のママ)
「自分でやりたいというまで(しぐさをみせるまで)ほうっておいた」(3歳・男の子のママ)
「いっしょに持ってみたり、使っているところを見せるようにして食べた」(2歳・女の子のママ)
「フォークに刺しやすい大きさに切った野菜を出す。スプーンで食べやすいものを出す。ヨーグルトなど」(2歳・男の子のママ)

まずは持つことに慣れさせたり、スプーンやフォークで食べやすいような食事からはじめたりすることが第一歩! これからスプーンやフォークに挑戦というママは、ぜひ参考にしてみてくださいね。

続いては、お箸についてです。

お子さんに、お箸を持たせている方に質問です。お箸を持たせるようになった年齢を教えてください。

1位 2歳~3歳 36.0%
2位 3歳~4歳 22.3%
3位 1歳~2歳 24.6%
4位 1歳未満 2.9%
4位 4歳~5歳 2.9%
4位 5歳以上 2.9%

スプーンやフォークを持たせる年齢よりも、やはりお箸を持たせる年齢ほうが、高い傾向にありました。それだけお箸は、難易度が高いといえるのかもしれません。

では、そんなお箸を上手に持ってもらうために、みなさんはどんな工夫をされているのでしょう?

お箸の持ち方を覚えさせる際、気をつけていたことや、教え方のコツなどがあれば教えてください。

「握り箸になってしまうことがあったので、その都度直していました」(10歳・男の子のママ)
「感覚的に身に着けることなので、エジソンの箸で手の形を練習させて慣れさせて、幼稚園に上がったのをきっかけに普通の箸に替えました」(8歳と5歳と2歳・男の子のママ)
「機嫌の良いときを見計らって、指の位置などを直しています。機嫌の悪いときに誤りを指摘すると、怒って食事自体を止めてしまうので、本人のやる気を削がないように意識しています」(3歳・男の子のママ)
「ぼろぼろ落とすけど、少しでも食べられたらとにかく褒めて喜ばせる」(2歳・男の子のママ)

箸を使った食事に慣れるまで、エジソン箸のような矯正箸で訓練することも方法のひとつ。また、できたら褒める、強く言いすぎないなど、物事を教えるときは子どもの気持ちに寄り添うことも大切なことと言えるようです。

おわりに

自分でキレイに食べられるようになったら、ママの負担はかなり軽減しますよね。とはいえ、お子さんが小さいうちは目が離せないもの。正しくキレイなフォームで食事ができるようになるまで、しっかり応援していきましょう!

(文/浅見志緒)