話題の妊活! 先輩ママたちは、こんなことをしていました!

妊娠

子どもがほしいと思ったときに、気になる「妊活」。そこで今回は、先輩ママたちに、妊活に関するあれこれを聞いてみました! これから妊活を考えている方や、次のお子さんを考えている方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

妊活をしていましたか?

1位 妊活していない 50.3%
2位 妊活していた 49.7%

若干“妊活していない”派が上回りましたが、ほぼ同率という結果になりました。妊活といっても、本格的に行う方もいれば、意識する程度の方とさまざまなようです。最近では、妊活という言葉が浸透し、「妊活します」と公言することも珍しくなくなってきました。

男の子と女の子どちらを希望していましたか?

1位 どちらでも 51.1%
2位 女の子 32.8%
3位 男の子 16.1%

元気に生まれてくれれば、どちらでもいいといったママが多い結果となりました。男女では、ママと同性の女の子希望のほうが多い様子。
ちなみに、どちらかを希望している場合の希望理由はこんな感じに!

男の子希望のママの声

「パパにそっくりな男の子がほしかったから」(9歳・女の子、3歳・男の子のママ)
「主人は兄弟の中で男1人なので、名を残さなければと思っていました。ひとりは男の子を産みたい、それなら早く生んでしまいたいと思いました」(4歳と2歳と0歳・男の子のママ)
「男の子の子育ては面白そうだから。将来、主人と義父がいっしょに柔道をしたかったみたいなので」(1歳・女の子のママ)

女の子希望のママの声

「大人になったらいっしょに買い物とか行けると思ったから。可愛い服を着せたかったから」(3歳・男の子のママ)
「昔から女の子を産んで、お揃いの可愛い服を着るのが夢だったので」(2歳・男の子のママ)
「あまり身内に男の子がいなく男の子が未知だったので自分と同性の方がよかったです」(1歳・男の子、0歳・女の子のママ)

男の子だったら! 女の子だったらと! と考えると、なんだか夢が広がりますよね。女の子希望ママは“かわいい服を着せたい”からといった理由や、一緒にお買い物をしたいから、といったが多いようです。
男の子希望のママは、パパや家族の希望というのもありますが、自分とは違う性別だからかえって興味がある、という意見も!

生まれる前の希望はあるかもしれませんが、生まれてしまえば、どちらでもやっぱりかわいいですよね!

妊娠する前に気をつけていたことは何かありますか?

「普段から、野菜をたくさん食べ、コンビニ弁当やインスタントの物などはあまり食べない」(5歳と0歳・男の子、2歳・女の子のママ)
「菓子パンばかり食べると妊娠しにくいと聞き、昼食にパンを食べるのをやめました」(4歳・女の子のママ)
「いつ妊娠しても子どもに悪影響のないように、食生活に関する(添加物の多い食品や赤身の魚は避ける、カフェインの多い飲み物やアルコールは控える)ことには気をつけていました」(3歳・男の子のママ)
「葉酸を飲むことと、夫婦で風疹の抗体の検査を受けて、主人の方が低かったので、抗体をつけてもらいました」(1歳・女の子のママ)
「身体を温める食事をとる。腹巻き、レッグウォーマーなどで冷えを予防する。よもぎ蒸しや温熱療法を受ける」(1歳・女の子のママ)

食事や冷えないように気を使っていたといった回答が多数寄せられました。食事は体をつくるうえでとても大切なもの。不摂生を見直したり、素材にこだわったり、サプリメントなどで補うと言うのも、ひとつの手と言えるかもしれませんね。

妊娠がわかってから、気をつけていたことは何かありますか?

「栄養面や、食べ過ぎて体重が増え過ぎないようにと、食事に気をつけていました」(9歳・男の子のママ)

「妊娠前以上に、食べ物には気を使っていました。悪阻のときは吐き気が凄かったので、とにかく少しだけでも摂れる時にとって、5ヶ月目位になったら吐き気もおさまったので、葉物野菜を茹でるなどして多めに摂りながら、色々な食材を偏らないように食べることを心がけていました」(3歳・男の子のママ)
「電車の中で変な菌や風邪を移されないように、自宅以外では常に予防の為にマスクをしていました」(2歳・女の子のママ)
「お酒を飲まない、タバコを吸っている人には近づかない」(1歳・女の子のママ)
「アレルゲンになりやすいものは、毎日食べない。葉酸、鉄分、カルシウムが不足しないように食事に気をつけ、サプリメントで適宜補う」(1歳・女の子のママ)

ママ達は、いろいろなことに気を遣って出産をのりこえているようです。妊娠した際にはより体を気遣って、赤ちゃんと自分を労わってあげましょう。

おわりに

妊娠前にくらべて、妊娠後に食事や体調管理に気を付けていたママが多数! また、体重管理に苦労したというママも多かったようです。規則正しい食生活が大前提で、プラスαが定番。妊活の際には、参考にしてみてくださいね。