笑える寝相エピソード! ママたちが見た我が子の寝相・寝言特集

元気な子は、寝ていても元気! 我が子の寝相の悪さにビックリしたなんて経験がある方、多いのではないでしょうか? 最初は大丈夫かな? と心配になっても、途中から、なんだか笑えてしまう……そこで今回は、そんな笑える寝相や寝言のエピソードをまとめてご紹介したいと思います!

お子さんが寝ているときに、寝ながら、笑ったり泣いたりというシュチュエーションに遭遇したことはありますか?

1位 はい 90.3%
2位 いいえ 9.7%

ほとんどのママたちが、お子さんの寝言や寝相についてのエピソードを持っているようです。
男の子、女の子で寝相や寝言に違いもあるようなので、まずは男の子を持つママのエピソードから見ていきましょう!

よく動くわ~! 男の子の寝言エピソード

「寝ているうちに隣の部屋まで転がって行ったこと」(10歳と8歳・男の子のママ)
「私が疲れてベッドに腰掛けていると、半分寝ている息子がムクっと起き上がって、脊椎に頭突きしてきました」(10歳・男の子のママ)
「三兄弟が全く同じ格好で並んで寝ていたこと! このシンクロ現象は何度かあります」 (8才と5才と2才・男の子のママ)
「ソファの座面にもたれかかるようにして寝たり、出先からの帰宅後に靴を履いたまま玄関マットのうえでの爆睡、まさに電池切れという感じでかわいかったです」(4歳・男の子のママ)

なんだか寝ているときも、全力で寝ている姿が思い浮かべられますね! 他にはこんな変わったエピソードも!

「まだあまりおしゃべりが上手じゃないですが、最近寝言でとアンパンマンのセリフを身ぶりつきで寝言を言っています。保育園でも披露したらしくあまりのはっきりした口調?寝言に驚きました」(5歳と2歳・男の子のママ)
「夜中にふと目が覚めると私と壁との間に挟まれて寝ていたはずの子どもがいない!……真反対の壁側の隅っこで丸くなってました」(3歳・男の子のママ)
「お腹減ったーと寝言で叫んでいた」(3歳・男の子のママ)

なんだか微笑ましいですよね。では続いて、女の子のお子さんを持つママたちのエピソードを見ていきましょう。

なんだかリアル!? 女の子の寝言エピソード

「右側で寝ていた子どもが親のうえを通り越して左側にいたりするのでビックリ。夏場は涼しいフローリングの床まで転がってました。部屋のドアを開けたらドアの前で寝ていて踏みそうになったこともあります」(5歳・女の子のママ)
「寝ているはずの子どもが見当たらず、どこだ!? と探したら衣装ケースの中に半分入って洗濯物の中で寝ていたこと」(4歳と2歳・女の子のママ)
「主人の頭に足を置いて寝ていたのには驚きました」(2歳・女の子のママ)

男の子よりも寝相がいいのかも? と思ったのですが予想を覆されました。女の子だろうと元気な子はやはり寝ているときも全力のようです。
さらに、女の子の寝相・寝言エピソードをご紹介していきましょう。

「チョコレートが食べたいの~! とアポーペンと言う寝言」(3歳・女の子のママ)
「1歳半くらいで夜中おきて「救急車いったねー」としっかりおしゃべりしたのはびっくり(サイレンが聞こえた)」(4歳・女の子のママ)
「その日に幼稚園であったことなのかもしれないけど、急に「それ○○のだからダメー! 取らないで!」といってしくしく泣き始めた。起こした方がいいのかそのままがいいのか悩んでいたら、すぐに真顔になって深い眠りに入っていったようでした」(3歳・女の子のママ)

こうやってみなさんの意見をみていくと、女の子のほうが、寝言がはっきりしている傾向にあり、寝言を言いながら、泣いたり笑ったりする子も多いようです。

おわりに

寝言エピソードは、ほぼ全員のママが回答してくれました。それだけ、寝相や寝言は新鮮で印象的なんですね! そして、お子さんが元気な証拠といえるかもしれません。

ただ、元気すぎてベッドから落ちてしまったり、布団を蹴って体調を崩したりしないよう、気をつけてあげてくださいね。

(文:浅見志緒)