食べない、食べ過ぎ? どちらも心配わが子の食べ方

kodomoshokunayami

「全然食べないの~」「うちは食べすぎて心配…」

ママ同士でこんな会話をしていませんか。

先輩ママやおばあちゃんたちからは「ちゃんと育つから大丈夫」と

言われても日々の生活では気になるものです。

バランスの良い食事をさせることはママにとっての使命!!

そこでどんなことに悩んでいるかママたちに調査しました。

子どもの食の悩みについて。次のどれに当てはまる?

1位 好き嫌いが多い 44%
2位 食が細い 23%
3位 食べすぎる 18%
4位 その他 15%

やっぱり! 「好き嫌いが多い」が44%で1位でした。
「野菜が嫌い」(9歳と5歳・男の子のママ)
「野菜がほとんど食べられない!」(6歳と1歳、男の子のママ)
いつの時代も子どもには嫌われ者の野菜たち。
具体的にはピーマン、ニンジン、タマネギ、ブロッコリー、キノコ、ホウレンソウを含む
さまざまな野菜があがっていました。

幼児期ならではのお悩みも。
「上の4歳の子は肉が固いなど文句を言う」(4歳・男の子、1歳・女の子のママ)
「繊維のあるものはくちゃくちゃして出す」(7歳・男の子のママ、5歳と1歳・女の子のママ)
「薄味すぎると食べてくれなかったりして、野菜を食べさせようと思うといつも同じ調理になる(味噌汁とか、ココット焼とか)」(1歳・女の子のママ)
また、食べず嫌いをなんとかしたいというコメントも多く寄せられました。

「嫌いな物が多すぎて夕飯に悩む。保育園、学校では食べるのに」(9歳・女の子、1歳・男の子のママ)
「偏食なのでひどく悩んでいます。そういう専門の先生に横についてもらって、息子が食べたりしています」(6歳・男の子のママ)
友達と一緒だと雰囲気で箸がすすむことがありますよね。
先生やママ以外の人の知恵を借りるという意見は他にもありました。

2位は「食が細い」で23%でした。
「上の子は離乳食から全然食べなかった。通院するくらい。下の子は逆に食べすぎで心配」(7歳・女の子、3歳・男の子のママ)
「お腹いっぱいの幸せを知らないんだろうなぁと思う。栄養が足りているか不安になる」(1歳・女の子のママ)
もっと食べて~というママたちの叫びが聞こえてきそうです。

また、多かったのは「体が細いのに、食べない」(7歳・女の子、5歳・男の子のママ)というコメント。
大切な成長期だけに心配ですよね。

では3位「食べすぎる」のママたちはというと…
「好きなものは際限なく食べてしまう」(1歳・男の子のママ)
「食べすぎておなかを壊すことも…」(3歳・男の子のママ)
子どもが太ってきたことを気にするも聞かれました。
「好き嫌いがあまりない代わりにとにかく食べすぎる。親が量をコントロールしたり、おやつに甘いお菓子をあまり与えないなど意識していても、欲しがるときは欲しがるので我慢させるのが大変」(4歳・女の子のママ)
食べすぎる場合、どのくらい与えていいか量の目安がわからないと心配しているようです。

その他、こんなお悩みがありました。
「食べるのが早く、三角食べができない」(3歳と0歳・女の子のママ)
「食べ物への興味が薄い」(6歳・女の子のママ)
「ムラもあり、急に食べると心配にもなる」(8歳・男の子のママ)

ママ自身の好き嫌いの声も。
「私自身が好き嫌いが多いので、ゆくゆく心配です」(0歳・女の子のママ)
「ピーマンの食感が苦手とか。実は私も苦手ですね」(9歳と0歳、女の子のママ)

0歳離乳食中のママたちからはこんな声が。
「すでに気分がのらないと食事を全力で拒否。先が思いやられます」(0歳・男の子のママ)
「離乳食をあまり食べず、おっぱいばかり」(0歳・男の子のママ)
食べ遊び、体重が増えないなど悩みはつきないよう。
今回、全体の半分以上が「好き嫌い」「食べない」に困っていることがわかりました。
幼稚園や小学校で集団に入ると自然と食べるようになるようですが
日々あの手この手で食事を工夫して、楽しい食卓にするために努力しているママたち。
この思い、子どもの健やかな成長で報われるといいですね。

(文:中村 敦子)