10人に1人のママが経験! 幼稚園受験って大変なの?

経験のないママたちにとっては、なかなか知ることのできない「幼稚園受験」の世界。

有名幼稚園では、子どもの行儀の良さやかしこさなどを見られ、親自身も子育てへの関心を問われる面接がある…なんて耳にすることも。

しっかり勉強させなきゃ、入園できないの? とても高額な費用がかかるのでは?

経験したママたちから、教えてもらいました。

幼稚園受験の経験ある? ない?

1位 ない 88%
2位 ある 12%

約10人に1人のママがお受験の経験があるようです。「やっぱり大変?」と気になりますよね。
「地元の幼稚園ではあったが、受験者が多く大変だった」(3歳・男の子のママ)
「子どもの対策よりも、自分と主人の面接対策の方が大変でした」(0歳・男の子のママ)
ほかにも
「うちの場合はそんなにお受験って感じではなかったが、親が教育方針など聞かれ、子どもが色や形を理解してるか、言葉の理解力などいろいろテストされた」(7歳・女の子、5歳・男の子のママ)とのこと。

受験、と聞くと小さい子どもには荷が重いのでは?
と気になるところですが、次にこんな質問をしてみました。

幼稚園受験経験者に質問! お受験をした理由は?

1位 教育理念に惹かれたから 48%
2位 通いやすいから 20%
3位 園舎や施設が充実しているから 8%
3位 園児の家庭の質がよさそうだから 8%
5位 系列の小学校に上がれるから 4%
6位 小学校受験の前準備のため 4%
その他 8%

「近所だったから、というのもあります。また、1人目だったから、なにかと時間に余裕があったので」(11歳と8歳・女の子のママ)
ほか、5位「系列の小学校に上がれるから」と6位「小学校受験の前準備のため」では
「後がラク」(8歳と6歳・男の子のママ)
「早いうちに受験をして、エスカレーター式の学校に入れたかった」(11歳・男の子、3歳・女の子のママ)
将来のことを見据えて決めたという声もありました。

 

『受験のためのお教室に通った?』という質問で「通った」という人は約3割。
情報収集が目的という理由のほか
「しつけのためにはよいと思う」(3歳と0歳・女の子のママ)
「受験対策をしてもらえました」(5歳・女の子、3歳・男の子のママ)など、
受験への自信につながったようです。

続いて『お受験にかかった費用』や『受験の準備はいつから始めた?』と聞いたところ、
10万円、30万円、50万円と答えたママたちの合計は29%。
その内訳は
「習い事の費用(10万円)」(5歳・男の子、3歳・女の子のママ)
「受験費用1万円。受験面接用衣服親用8万円、子ども用1万円」(11歳と8歳・女の子のママ)
「お教室入会金5万、月謝4万弱、テストや模擬面接2万、写真、親子の服などなど合わせて30万くらい」(11歳・男の子、3歳・女の子のママ)などなど。

準備についても「生後6ヵ月頃に幼児教育に目覚めた」(1歳・男の子のママ)
「家で教材を使った勉強と、塾両方行ってました」(9歳と4歳・男の子のママ)のように、
受験1〜3年前からじっくり時間をかけて準備してきた人も。

でも、意外なことが見えてきました。
実はそれぞれの1位は「0円(54%)と「何も準備しなかった」(45%)と、半数近くのママたちが、お金や時間を掛けずに臨んでいたのです。
「そこまでしなきゃ受からないなら、別によいと思っていたので」(11歳と8歳・女の子のママ)というように、家から近いことや教育理念に惹かれ、自然な流れで幼稚園受験をしたというママたちも、少なくはないのです。

しかし「ありのままの私と子どもでも、受け入れてくれるかも?」
なんて甘い期待をしては、なぎ倒されてしまうハイレベル幼稚園があるのも事実。

「最低限でなんとかしようと思い、受験の3ヵ月くらい前の7月から準備。お教室は、もう少し早くから通い慣れさせておき、個別に相談できるところであればよかった」(11歳・男の子、3歳・女の子のママ)と、振り返るママもいました。

 

高校や大学などの受験と違い、親が主体となって準備する幼稚園受験。
「うちの子でもできるかな?」と気になっているママたちは、まず疑問や不安が解消できるような情報収集や、
子どもの成長をいっしょに支えてくれる相談先を探すことから始めるとよさそうですね。

(文:松村真子)