子育ての悩みは育児本で解決! 先輩ママおすすめの育児本・3冊

0104

はじめての子育てでは、楽しみいっぱい、不安もいっぱいですよね。最初から完璧なママなんていません。さて、みなさんどのくらい、育児本を参考にしているのでしょう? 今回は、ママたちに育児本についてアンケートを行いました!

育児本を買ったことがありますか? 

1位 はい 66.1%
2位 いいえ 33.9%

66%以上の方が「はい」との回答! かなり多くのママたちが、育児本を参考にしているようです。

いままでに購入した育児本は何冊くらいですか?

1位 1冊~3冊 43.4%
2位 3冊~5冊 14.3%
3位 10冊以上 9.5%
4位 5冊~10冊 3.2%

アンケートに答えてくださったママたちの約半分は、1~3冊という回答でした! 中には10冊以上! という勉強熱心なママたちも。はじめての赤ちゃんのことですから、勉強すればするほど、知らないことがたくさんあって面白い! といろいろ調べたくなってしまうママもいるようです。

先輩ママたちの読んだおすすめ本はこちら! 

今回、アンケートで多かった回答の育児本は、どんなものが多かったのでしょう? まとめてみました。

1.たまごクラブ/ひよこクラブ

「たまひよ。同じ月齢の人の生活スタイルや離乳食、病気のことも知れる」(5歳・男の子、3歳・女の子のママ)
「初めてでも情報がわかりやすく、知りたいことが載っていたから」(8歳・女の子のママ)
「どういう段階を経て成長していくのか、離乳食はいつからか、どうしていけばよいか、目安になった」(2歳・女の子のママ)

こちらは言わずと知れた、定番の育児雑誌。やはり、この2冊を愛読しているママたちが多いようです。雑誌ならではの、最新の情報、現在の子育て状況や環境に合わせた情報を取得できるので、新米ママたちには、心強いですよね。

2.『子どもが育つ魔法の言葉』

「ためになることがたくさん載っている」(3歳と1歳・男の子のママ)
「世界中で売れているだけあって、子育てのいいヒントの数々が詰まっている」(4歳・男の子のママ)

こちらも有名な一冊、ドロシーノルテ著のロングセラーです。ちょっとした言葉など、はっとする気づきのある一冊です。

3.『こどものへのまなざし』

「子どもと自分に対して、少し穏やかな優しい気持ちになれました。~すべき~やっておくべきの「べきべき本」ではないので、気楽に読んでみてください」(8歳・女の子、3歳・男の子のママ)

著者は児童精神科医。子育てに対するシンプルな気持ちを思い出せる、子どもとの時間のことなど、子育てに疲れてきたママにも読んでもらいたい一冊です。

このほかにも、

「ママはテンパリスト」(3歳・男の子のママ)
「はじめて出会う 育児の百科 0~6歳」(2歳・女の子のママ)

などがあげられました。

育児本を読んでよかったこと、ためになったことと言えば?

「月齢別の変化が書かれていてどんな病気に注意するべきか書かれていて前もって気にかけることができて良かったなって思いました」(3歳・女の子のママ)
「病気のときの対処の仕方が載っている本は実際に役立ちかなり助かりました」(11歳・男の子、4歳・女の子のママ)
「離乳食の作り方や始め方などは、ためになった。保健センターなどで聞いたりはしたけれど、実際に作るとなれば本を読んだほうが作りやすかったし、チャレンジもしやすかった」(6歳・女の子、3歳・男の子のママ)

子育て経験のないママたちにとって育児本は、赤ちゃんの基礎を知るためにとても役に立つようです。病気の対処などは、大人とはまた違い、はじめてのママには大助かり!

ママのお母さんに聞いたり、姉妹、友人などからもアドバイスをもらったりすることはできますが、意外と知らないことも多いもの。そういう意味でも育児本は、子育てのお役立ちアイテムと言えるでしょう。

 

いかがでしたか? インターネットの時代、現在は検索してもたくさんの情報を得ることができるようになりました。しかし、育児本には子育ての基礎、離乳食の基本、病気の基本などが詳しく説明されているので、はじめての子育てにとっては、心強い味方になってくれます。育児で悩んでいる新米ママは、育児本を一冊手に取ってみませんか? きっと育児本があなたをサポートしてくれるはずですよ!

(文:Tomomi Sno)