冬はとにかくお金がかかりがち……節約ママたちは○○を工夫する!

冬といえば、クリスマスや年末年始など、なにかと出費がかさむ季節ですよね! 必要経費だとしても、主婦としては見過ごせない出費……そこで今回は、先輩ママたちがどんな節約をしているのか聞いてきました。ぜひ、賢いママたちを参考に冬の出費を抑えましょう!

冬は、夏に比べて出費が多いと思いますか?

1位 はい 56.5%
2位 どちらでもない 35.7%
3位 いいえ 7.7%

過半数以上の方が「はい」と答えた結果に。では、具体的にどういったところで出費しているのか見てみましょう。

・光熱費がかさむ

「暖房器具の電気代と、お風呂にお湯を溜めるのでガス代、水道代がかかる」(15歳・女の子、12歳・男の子のママ)
「光熱費がとにかく高いです。外出するとあたたかい飲み物や食べ物も欲しくなり、夏場より出費が多いと感じます」(10歳・女の子、3歳・男の子のママ)
「夏の暑さは多少我慢できても、冬の寒さは応えるので光熱費がかさむ」(4歳・男の子のママ)

多くのママさんたちが、冬は光熱費がかさむといった意見でした。他にはこんなご意見も!

・必要なものの値段が夏にくらべて高い!

「全体的に物価が高くなる。野菜など生鮮食料品の値段が高騰する」(8歳と5歳と2歳・男の子のママ)

「洋服代。夏はティーシャツに短パンで安いが冬はコートやその他のグッズをたくさん必要だから大変。イベントが何かと多い」(4歳・女の子のママ)
「洋服代も高いし、クリスマスやお正月などイベントも多いから」(2歳・男の子のママ)

光熱費以外にも、やはり冬のイベント行事もあがっているようです。洋服なども、コートやマフラーなど、夏にくらべると、高くなってしまいますよね。このほか、野菜の値段が高騰するといった意見も、いくつかよせられました。野菜も夏野菜に比べて、冬野菜のほうが、値段が高い傾向があるようです。

では、多くの方があげていた、夏にくらべて光熱費が高いというご意見。みなさんはどんな工夫をしているのでしょう?

光熱費が高くならないよう、工夫していることがありますか?

1位 はい 81.2%
2位 いいえ 18.8%

なんと、8割以上の方が光熱費を工夫しているといった結果に!「はい」と答えた方の工夫術をさっそく聞いてみましょう。

・温度設定は節約の基本!

「エアコンの付けはじめは一気に電力がかかるので、設定温度を17度など低めにして、温まったら少しあげる」(7歳と4歳・男の子、2歳・女の子のママ)
「エアコンの温度を26度設定にしている」(6歳・男の子、3歳・女の子のママ)
「エアコンの温度を上げすぎず、服装で調節する。濡れタオルや洗濯物で加湿する」(3歳と0歳・女の子のママ)

エアコンの温度設定を高くしすぎないことがコツのようですね! 外が寒いぶん、どうしてもエアコンに頼りたくなりますが、なかにはエアコンを使わずにこんな工夫をしているママたちもいました!

・暖房器具に頼らず服を着て調整!

「電気代が比較的掛からないこたつを出したり、皆が同じ部屋に居たり、ドアの隙間(バリアフリーな為隙間がある)にバスタオルを置いたりしています」(5歳・女の子のママ)
「電気代が高い日中は、児童館に行ったりと家にいないようにしている」(7歳・男の子のママ)
「なるべく使わない。服で調節したりすれば十分」(2歳・女の子、0歳・男の子のママ)

お洋服で防寒対策しているママの多くは、ヒートテックを活用しているようです。また、電気代が高くなる日中は付けずに夜だけつけるといった声も多数。

・まとめて使って節約という手も!

エアコンのつぎに光熱費がかさむ、ガス代を工夫しているママたちのご意見はこちら!

「オーブン料理をするときは、まとめて複数の料理を作る。(例/焼き芋をオーブン上段で作り、下段で耐熱性の鍋を利用して、肉じゃがなどの煮込み料理を作る)」(10歳と3歳・男の子のママ)
「お風呂はみんなでまとめて入る」(6歳、4歳、3歳・男の子、1歳・女の子のママ)

料理をつくるときはまとめて作ったり、圧力鍋を使ったりするようにすると節約になるようです。お風呂は、つい追い炊き機能を使いがちですが、家族全員で協力すれば、追い炊き機能を使わず入浴可能! みなさんも節約のためにお風呂の時間を調整してみてはいかがでしょう?

 

冬はイベントや光熱費など出費が多くなりがちですが、ママのちょっとした工夫次第が大きな節約に繋がります。とはいっても、せっかくの冬のイベントはケチりたくないもの。イベントを盛大に楽しむためにも、日々使う光熱費などから見直してみてはいかがでしょう?

(文:浅見志緒)