子どもに人気のお鍋の具材&いっぱい食べてもらうコツ・3つ

1215

冬といえばやっぱり、お鍋! 簡単で野菜もたっぷり、そして身体もお部屋も温まる! ママにとっても重宝する冬のメニューのひとつですよね。

ただ、小さなお子さんがいらっしゃるご家庭だと、食べられる具材や、量、味などを工夫しないと、お子さんが食べてくれないなんてことも……そこで今回は、先輩ママたちに、お鍋のアイデアやコツについて伺ってきました!

寒い季節、鍋をする頻度は月にどのくらいですか?

1位 3回 20.9%
2位 4回 20.3%
2位 2回 20.3%
4位 1回 17.1%
4位 6回以上 17.1%
6位 5回 4.4%

2、3、4回、さらには6回以上なんていうママも! 思っている以上に鍋は、人気の高いメニューのようです。

鍋のここがいいという点は、どういったところですか?

「食費を抑えられる 洗い物が楽」(9歳・女の子のママ)
「体が温まる 調理時間が短い」(5歳・男の子のママ)
「家族団欒ができる」(8歳・女の子のママ)

ママたちにとっては、ありがたいメリットがずらり! 洗い物も楽ですし、野菜を切って入れるだけで完成! というところもうれしいですよね。

「野菜を一度に大量に取れること」(5歳・女の子のママ)

お子さんに、野菜をたくさん食べてもらうにもピッタリのメニューともいえそうです。

では、お子さんがよろこぶ具材には、どんなものがあるでしょう?

1.肉団子/ 鶏団子

「普通の肉より肉団子の方が美味しく食べやすいと言ってよく食べます」(4歳・男の子、2歳・女の子のママ)
「つみれ。お鍋に早めに入れることで、味を染み込ませる」(3歳・男の子のママ)
「野菜をあまり食べないので、鶏団子が一番好き。大人も子どもも食べられるので楽。鶏団子に野菜を色々刻んで入れて野菜もいっしょにとれるように」(1歳・男の子のママ)

肉団子やつみれ、鶏団子など、普通のお肉や魚よりも、好んで食べてくれるお子さんがたくさん! 野菜や、苦手な食材を細かく入れることもできるので、こちらもママからするとうれしいポイントですよね。

2.ウインナー

「ウインナーが好きでよく食べます」(5歳・女の子のママ)

ウインナーも、お子さんに人気の食材のひとつ! 添加物のなるべく少ないものを使うと、さら◎。ウインナーを選ぶときは、ぜひ意識してみてはいかがでしょう?

3.豆腐

「豆腐」(3歳・女の子、1ヵ月・男の子のママ)

意外に人気なのがお豆腐。良質なタンパク質もとれるので、どんどんと食べてもらいたいメニューのひとつです。

やはり人気の具材に上がりにくかったのが、野菜……。野菜がたくさん食べられるお鍋ですから、このチャンスを活かさない手はありません。先輩ママたちに、野菜をたくさん食べさせる工夫についても聞いてみました!

ポイント1.具材を通常の鍋より小さく/ピーラーなどで薄く切る

「野菜を小さめに切り、柔らかくなるまで良く煮る」(2歳・男の子のママ)

通常大人が食べるときの具材より、少し小さめにカットしたり、大根などはピーラー、ニンジンは星型にしたりと、カットに工夫をしているママが多いようです。嫌いな食べ物でも、サイズが小さければ、気にならなかったり、チャレンジしたりしやすいようですよ。

ポイント2.強めの味で野菜などの味をごまかす

「子どもが好きな味にする。カレー味やクリーミーな味にする」(3歳と1歳・男の子のママ)

こちらも野菜を食べてもらうために、有効なアイデア! カレーの野菜は食べるけど、普段はあまり……というお子さん以外に多いのではないでしょうか? お鍋の場合も、少し味を強めなものにすれば、食べられるようになるかもしれません。

ポイント3.つみれの中に入れて隠す

「普段食べない根菜類や魚をつみれに混ぜ込んでおきます」(12歳と10歳と6歳・女の子のママ)

つみれや、肉団子に混ぜてしまうのもひとつの手。野菜を入れても、お肉の味で意外とごまかせるもの。お子さんの苦手食材をきざんで入れてみましょう。

 

ママにとって、いいことづくしの冬のお鍋! 家計も助かり、栄養満点、時短なうえに、家族団らんまで楽しめます。肉団子や野菜切り方など、いつも定番のお鍋……というママも、今年は、いろいろなバリエーションを楽しんでみてはいかがでしょう?

(文:Tomomi Sno)