寒い冬のおうちご飯! ママたちが工夫していること・3つ

寒~い季節は外出する回数も減り、外食も少なめというご家庭が多い傾向にあるようです。おうちでぬくぬく、家族みんなでのごはんは美味しいですよね。そんな冬のおうちごはん。ママたちには、どんなメニューが人気なのでしょう? 今回のアンケートでは、寒い冬のおうちごはんについて、いろいろと伺ってみました!

寒い日に食べたいメニューはなんですか? 1番食べたいものを教えてください。

1位 57.6%
2位 おでん 15.2%
3位 シチュー 8.9%
4位 豚汁 7.6%
5位 鍋焼きうどん 6.3%
6位 しゃぶしゃぶ 2.5%
7位 かす汁 1.9%

人気ナンバーワンはなんといってもお鍋! 定番の寄せ鍋などからカレー鍋、キムチ鍋、ちゃんこ鍋から、ご当地メニューのもつ鍋、水炊きにきりたんぽ鍋まで!? いろいろな種類があって楽しめるメニューのひとつです。

2番目はおでん。味の染みたおでんも良いですよね。煮込み続けて、次の日も食べられるというのも、ママたちにとって助かるポイントですよね。

シチューや豚汁なども、冬ならではのあったかメニュー! 冬の料理は、根菜などの栄養価の高い野菜を、たっぷりと食べられるのもうれしいですよね。

では、そんな冬の定番料理。ママたちは、どんな工夫で美味しく時短で料理しているのでしょうか? ママたちが冬の料理でしているちょっとした工夫を教えてもらいました!

その1.生姜たっぷりで、体ぽかぽか!

「生姜を少し入れます! 味に変化はないですが、身体はポカポカになります」(1歳・男の子のママ)
「生姜をたっぷり入れて寒い日は作ります。味を変えたいときには洋風にして生姜とニンニク、パセリやオリーブオイルをつかって作ったりします」(7歳と4歳・男の子のママ)

すり入れたり、刻んで入れたり……冬の料理には生姜が、マスト! というママが多数!

生姜に含まれるショウガオールという成分には、血行を良くする効果があるとされています。また、ジンゲオールという成分には、身体の免疫力を高める効果も期待できます!

代謝を促し、免疫力アップ、胃腸にも良く、ダイエットにも効果的とされるしょうが! お鍋などにすり下ろして入れておけば、お子さんが嫌がることも少ないため、みなさんもチャレンジしてみてはいかがでしょう?

2.手を加えて、次の日はアレンジメニューに!

「水炊きの次の日に水炊きの鍋の残りで味噌汁を作る」(1歳・女の子のママ)
「シチューは、1日目はそのままで、2日目はチーズを入れて食べています」(3歳・女の子のママ)
「ごはんにシチューをかけてチーズをのせて簡単ドリア」(2歳・男の子のママ)

お鍋のあとの雑炊や麺類は定番ですが、次の日はダシたっぷりの残り汁で味噌汁、というママも。時短にもなり、栄養もそのまま無駄なく使えそうですよね。

シチューは、洋風アレンジにもってこいの一品。なかには、濃い目に煮込んで、パンなどにはさんで食べるというママもいらっしゃいましたよ! 忙しいママには大助かりの、アレンジメニューが多いのも冬の料理の特徴。翌日メニューも視野に入れて、夜ごはんを考えておくと便利かもしれませんね。

3.圧力鍋やシャトルシェフを上手に利用する

「寒い日は空気も乾燥しているので煮込み料理などをしつつ加湿もしています。寒い日の料理のポイントでは圧力鍋を使うようにしています。寒いので早く出来るのと味が沁み込むのが早く、中身が冷めにくいので利用しやすいです」(5歳と3歳・女の子のママ)
「シャトルシェフに任せています」(6歳・男の子と3歳・女の子のママ)

ちらほらとみられたのは、圧力鍋やシャトルシェフを活用しているママたち! これらも、忙しいママたちにはうれしいお助けアイテムですよね。保温が効くのもポイントです。

また、冬場の料理で、上手に加湿というアイデアも。料理で加湿できれば、余計な電気代もかからないので、一石二鳥といえそうです。

 

これからどんどんと冷えてくる年末、年始! 夏場よりは家の中で過ごすことも増え、家族でお鍋やおでん、あったか料理をかこんで団らんをするにはとても良い季節です。時短テクでちょっぴり家事をお休みしたり、生姜などを活用して体を温めたりしながら、風邪などから身を守って、元気に冬を過ごせるといいですね。

(文:Tomomi Sno)