子どもは体温調節が苦手!? ママたちに寒さ対策を聞いてきました!

1125

“子どもは風の子”という言葉どおり、子どもは寒くても元気に遊びます。そんな子どもの体温は、大人にくらべて高いといわれていますが、体温調節機能は大人よりも未熟だということをご存じですか? そこで今回は、そんな子どもたちの寒さ対策について、ママたちに聞いてみました!

子どもの就寝時、どんな寒さ対策を行いますか?(複数回答可)

1位 着る毛布やスリーパー 118件
2位 もこもこパジャマ 87件
3位 はらまき 67件
4位 ストーブなどの暖房器具 44件
5位 湯たんぽ 29件
6位 その他 11件
7位 はんてん 9件

お子さんを寝かしつける際は、6割以上のママが、着る毛布やスリーパーといった身につけるもので対策しているよう。

「腹巻付きのパジャマが便利!」(4歳・男の子のママ)
「パジャマを暖かくすれば布団に入らなくても安心」(9歳と6歳・男の子のママ)
「寝相が悪く、布団を蹴り飛ばしてしまうので、スリーパーが一番役にたった」(4歳・男の子のママ)

着る毛布やスリーパーが人気の理由は、子どもの寝相が悪くても脱げなくて安心できるところにあるようです。身につけるもの以外の対策では、こんな対策が人気でした!

「布団乾燥機を寝る直前にかけてお布団をふわふわ暖かくして寝ると、子どもの寝つきがとてもいい」(6歳・女の子のママ)
「寝る30分前くらいまで電気毛布で布団の中を温めておくか、布団乾燥機を使用してから就寝する」(3歳・男の子のママ)
「着るものは普通のパジャマだが、シーツとかけ毛布をボアにしています」(13歳・男の子、6歳・女の子のママ)

ふとんが暖かいと、気持ちがよくてすぐに眠りにつけそうですね。昔から愛されているこちらも寒さ対策として使われていましたよ!

「レンジで加熱できる湯タンポ。保温性もそこそこあり、やけどの心配もなく安心して使えます。我が家ではリラックマの形のものを使用しているのですが、キャラものは子どもが喜びます」(10歳と7歳・男の子のママ)
「湯たんぽは経済的で優しい温もりが癒しにもなり、抱いて眠ると落ち着いてよく眠れるようです」(8歳・女の子のママ)

ただし、湯たんぽは、寝相が悪い子どもには向いていないよう……。そしてやっぱり最後はママ頼み!

「いっしょに寝ていたので、夜なか何回も布団をかけなおしました」(17歳・女の子、15歳・男の子のママ)

ママは睡眠不足になってしまいそうですが、子どもは安心して眠れそうです。続いて、外出時の寒さ対策について聞いてみました。

ベビーカーでの外出時、どんな寒さ対策を行っていますか?(複数回答可)

1位 ひざかけ 160件
2位 ダウンジャケット 82件
3位 手袋 64件
4位 マフラー 59件
5位 レインカバーで風よけ 31件
6位 その他 30件
7位 カイロ 11件

9割近くのママが、ひざかけを支持していました!

「ひざ掛けに温めたゆたんぽのような保温剤が入れられるポケット付きのものは、更に寒さ対策になって役立ちました」(3歳・男の子のママ)

なかには、こだわりのひざかけを使用するママも!

「モロッコ名産のやわらかいサリーのような布。夏は涼しく透けるほど薄くて虫に刺されない蚊帳がわり。おくるみにも。冬は空気を逃さず軽くて肌ざわりよく暖かい。ただ日本には売っていないので、どんどんボロに」(4歳・男の子のママ)

「ひざ掛けを、自分のストールにすると、見た目も良いし、子どもが暑くて自分が寒いときにつけられるので便利です」(6歳・女の子のママ)

ひざかけに付随して、こんなアイテムも人気でした!

「ひざ掛けを止めておく洗濯ばさみ」(8歳・女の子、5歳・男の子のママ)

「膝掛をとめるストッパー」(7歳・男の子のママ)

また、フットマフも人気でしたよ!

「頭までかぶれる「はらぺこあおむし」のフットマフは、多少薄着でもしっかり防寒してくれるし、また道行く人も「かわいい」と言ってみてくれるのでとっても役立った」(4歳・男の子のママ)

キャラものは、子どもも喜びますよね!

 

子どもの体質や性格によって、寒さ対策は異なるよう。寒さ対策と一言に言っても、いろいろなバリエーションがあるので、この冬はぜひ、先輩ママの声を参考に寒さ対策されてみてはいかがでしょうか?

(文:Tomomi Sno)