お子さんといっしょに工作にチャレンジ! 「芸術の秋」を感じよう! 

1031

秋といえば、スポーツの秋、食欲の秋、紅葉の秋といろいろ楽しめる季節ですよね。そんななかでも、注目したいのが「芸術の秋」。芸術の秋というとなんだかおおごと……と、思いがちですが、そんなことはありません! 気軽に家にあるもので、創作をすることも立派な芸術のひとつなのです。そこで今回は、そんなご家庭での工作について、ママたちに聞いてみました。

こどもがお絵かき用に持っている道具は?(複数回答可)

1位 クレヨン 119件
2位 色鉛筆 116件
3位 水性ペン 76件
4位 絵具 39件
5位 油性ペン 31件
6位 その他 17件

まずは、そんな作品を作る際に使う道具から、みなさんに聞いてみました! お子さんのお絵かきに使用するものは、色鉛筆、クレヨン、水性ペンなど。

小学校にあがると、油性ペンなども使うようになったり、絵の具の使い方を習いはじめたりするため、さらに使う道具の幅が広がるようです。このほか、ボールペンや芯の柔らかい鉛筆なども挙げられました。

最近では、口に入れても大丈夫なクレヨンなども発売されているようですので、口に入れるのが心配な年代のお子さんの場合、こういったものを用いるものよさそうです!

自宅にあるもので、工作に活用したことのあるものは?(複数回答可)

1位 段ボール 104件
2位 トイレットペーパーの芯 84件
3位 新聞紙 83件
4位 牛乳パック 82件
5位 割りばし 58件
6位 57件
7位 ポリ袋 44件
8位 その他 41件

ここからは、工作に使えるものについてです。みなさんは、どんなものを工作に使っているのでしょう?

「段ボール、牛乳パック」(1歳・男の子のママ)
「新聞紙、トイレットペーパーの芯、割りばし、ポリ袋、糸」(10歳・女の子、6歳・男の子のママ)

こちらは定番の工作道具ですよね。普段から手に入るものですし、なにかに作りかえることで、リサイクルにもなります。

「貝殻」(8歳・女の子、6歳・男の子のママ)

夏に海へ行かれたご家庭ですと、貝殻拾いを楽しんで、持ち帰ってきたものもたくさんあるのではないでしょうか? 貝殻は飾っておくだけではなく、お子さんといっしょに色塗りをしても楽しめそうです!

「プチプチ、プリンの入れ物、お菓子の空き箱、買い物袋」(4歳・女の子、2歳・男の子のママ)

こちらも工作に使いやすいもの。どんなふうに作り替えるか、想像力も豊かになりそうです。

「レジン、ビーズ、デコパージュ」(5歳・女の子、3歳・男の子のママ)

こんな本格的なアイテムを使っているママも! レジンやデコパージュなど、最近の手作りブームなどもあり、かんたんにいろいろな道具が手に入れられるようになりました。

おしゃれに目覚める女の子にとっても、胸がときめく工作になりそう! また、ビーズで動物を形作るものなども、お子さんたちに人気のようです。

みなさんが作ったものを見てみましょう!

実際に、材料や道具を使ってお子さんといっしょにどんなものを作ったかについても、いろいろ聞いてみました! みなさん、いろいろなものに挑戦されているようです!

・小さいお子さんは、作りあげるより、その作業を楽しむ!

「作るというよりビリビリ破いて楽しんだ」(2歳・男の子、4ヶ月・女の子のママ)

まだ小さいお子さんですと、ものを作るということよりも、それをつかって破ったりちぎったり、という動きを楽しむようです。

・本格的な段ボールハウスや滑り台!

「段ボールハウスを作ったり、糸でロープウエーを作ったり、割り箸で人形劇をしたり、です」(6歳・男の子のママ)
「滑り台。牛乳パックを400本使ってかなり本格的な滑り台をつくりました。母が保育士さんなので教わりました」(1歳・男の子のママ)

牛乳パック400本とは、かなりの量ですね! また、段ボールハウスなどは秘密基地のようでお子さんにとってもわくわく間違いなしです。

周りに保育士さんや、工作、物作りに得意な方がいると、考えつかないような新しいアイデアも!

・ピタゴラ装置という頭脳派も!

「カメラ、釣竿、ピタゴラ装置」(4歳・男の子、1歳・女の子のママ)

テレビ番組の影響もあり、ピタゴラ装置にわくわくするママも多いはず! ネットで調べると簡単に挑戦できるものも多いみたいなので、一度こういった難易度の高い工作にチャレンジするのもいいかもしれません!

家にある普段はゴミとなってしまうものも、工作をすることで遊びの材料になります。いろいろなアイデアを出しながらものを作り出すことは、お子さんの想像力を豊かにさせますし、なにかを作りあげることで、達成感も味わえます。みなさんもこの秋は、お子さんと工作にチャレンジしてみませんか? きっと新たな発見に、たくさん出会えるはずですよ。

(文:Tomomi Sno)