先輩ママに聞いた! トイレトレーニング中の外出『オムツorパンツ』?

1026

自宅では、ちゃんとトイレでできるようになってきたかな? と思っても、まだまだ心配な外出時。終わるまでは外出しない! というわけにはいきませんよね。環境の変化に影響されて、外出先でお漏らしをしまうお子さんも少なくないようです。そんな気になるトイレトレーニング中の外出、みなさんはどうしているのでしょうか?

トイレトレーニング中の外出はどうしていますか?

1位 外出中は紙(布)オムツを使用 54.1%
2位 濡らすのを覚悟でパンツを履かせる 14.5%
3位 トイレトレーニング用のオムツを使用 12.8%
4位 その他 9.9%
5位 外出先のトイレを使用 8.7%

外出時は、紙オムツやトレーニング用のオムツをはかせて、まさかのときにも対処できるようにしているママが多いようです。そんな外出中もトイレトレーニングは継続中。みなさんに気をつけていることを聞いてみました!

外出時は、より多くトイレへ行ってトレーニングを継続!

「オムツを履かせてはいるけれど、なるべくトイレ休憩を挟んで、トイレに行くことを習慣づける」(3歳・女の子のママ)
「オムツからパンツに切り替えてからは、なるべくこちらからトイレ行く? と促す。本人も行くのを忘れているので」(4歳・男の子、1歳・女の子のママ)

外出時も、お子さんに積極的に声かけをして、自分からトイレに行こう、という気持ちにさせてあげましょう。まだまだ、トイレに行っておしっこをするという習慣がついていないので、ここはママのがんばりどころ。行く先々で、トイレの場所を事前に確認し、できるだけたくさんお子さんに声掛けしてあげましょう。声掛け以外に、お子さんのモジモジを見逃さないようにすることも大切です!

オムツを使わないのが、成功への近道!?

「家でトイレを教えられるようになったら、近所の公園に短時間から、外出するようにしました。オムツすると、戻ってしまいそうだったので、近場から徐々に時間を延ばし、着替え持参で、パンツでがんばりました。」(3歳・女の子のママ)
「漏らしても、ある程度対応できるところ(児童館とか外とか)しか行きませんでした」(4歳・女の子のママ)

こういった意見を持つママも多く、比較的オムツをはかせないほうが、早くトイレトレーニングを終えられるようです。ここは活動の範囲や、お子さんに手をかけられる時間などによってできるかできないかが別れてくるところですが、いち早くオムツ断ちしたいというママは、オムツを使わず着替えを持ち歩くほうがいいかもしれません。

折りたたみ補助便座を使うという手も!

「紙オムツを使用しつつ、外出先のトイレに折りたたみ補助便座をつけて済ませます」(4歳・女の子のママ)

なかには、折りたたみ補助便座を、あらかじめ用意している熱心なママもいらっしゃいました。「折りたたみ式があるんだ!」と思われたママも多いはず! こういったアイテムを用意しておくのもひとつの手かもしれません。

お子さんへの気遣いも忘れずに!

「なったこと、やってしまったことは仕方なし。子どもに絶対怒らない!(ここは本当に反省猛省してます)大丈夫~大丈夫~つぎはできるよ~……で。ただし、人に迷惑をかけたら親が全力で謝るべし! 子どもには謝らせるなっ」(4歳・女の子のママ)
「機嫌を決めず気長に対応する。その心構えでないと子どもへの対応も変わってしまう気がします」(5歳・男の子のママ)

もしものときは、ママが謝罪! お子さんに謝らせたり、怒ったりしてしまっては、逆効果です。外だと周りの人に迷惑をかけないかなど、感情的になる部分が増えがちです。せっかくトレーニングに成功しつつある時期ですから、お子さんへの気遣いを忘れず、一歩一歩確実に、成功への道をたどっていってくださいね。

せっかく始めたトイレトレーニングですから、外出時も上手に対応していきたいものです。その家庭によって、できること、できないこととあると思いますが、先輩ママのご意見はきっと参考になるはずです。みなさんが外出中に気をつけていることを参考に、みなさんも外出してみてはいかがでしょうか?

(文:Tomomi Sno)