「先輩ママ直伝!」トイレトレーニングのコツ3つ

お子さんと挑む、初めての試練、トイレトレーニング。いまからはじめるママたちは、いろいろ不安も多いのではないでしょうか? そこで今回は、トイレトレーニングを終えたママたちに、その大変さや、成功へのコツなどを伺ってきました!

トイレトレーニングは大変でしたか?

1位 それなりに大変だった 46.5%
2位 大変ではない 21.5%
3位 とても大変だった 18.6%
4位 まだトイレトレーニングを開始していない 7.6%
5位 どちらかというと簡単 5.8%

「それなりに大変だった」「とても大変だった」というママの答えを合わせてみると、半分以上のママたちが、大変だったと感じられているよう。具体的に大変だったことを伺うと……

「床がおしっこまみれになるのが大変でした。ラグの上でされると……」(2歳・男の子のママ)
「外出先で漏らされると、あとが大変でした」(7歳と5歳・男の子のママ)
「すべての育児本に「上手くできなくても怒ってはいけない」とあったけれど、トイレで出ないと言い張った2分後にソファーの上でおもらしされたりすると、ついつい怒ってしまった」(8歳・女の子、3歳・男の子のママ)
「何度おしっこしたくなったらトイレに行こうねと言っても、オムツでおしっこをしてしまうので、イライラして怒ってしまいました。怒った後はいつも情けない自分に自己嫌悪でした」(7歳と6ヵ月・男の子のママ)

漏らす回数が多いと、洗濯物が増えたり、掃除も大変になったりするので、ストレスがたまってしまうこともあります。でもこれは多くのママが直面すること! イライラしてしまうのは仕方ないこと割り切って、その顏をできるだけ子どもに見せないよう気をつけていきましょう。

そんな、大変なことが多いトイレトレーニング、先輩ママたちに成功の秘訣を聞いてきました! 大きく3つにまとめたので、ぜひチェックしてみてくださいね。

ポイント1:焦らない

「親も無理しない。子どもが失敗しても怒らない。最初洗濯物が乾きやすい夏に始めたけれどうまくいかなくて一旦辞めて、冬に入ってから再開したら2ヶ月程で成功した。親が焦っても仕方ないと思った」(3歳・女の子のママ)
「あせらず、ゆっくり」(2歳・男の子のママ)
「1度始めようとしましたが妊娠して中止。3歳になり本人が急にやる気になって4日で終了! 本人の気持ち次第だと思います」(3歳・7ヶ月の女の子のママ)

無理に始めたり、ママが焦ったりしいて上手くいかないケースも多いよう。お子さん本人のペースに合わせてトレーニングしていきましょう。

ポイント2:怒らない

「怒らない! に限ります。いつかとれるので(^-^)」(9歳・女の子のママ)
「怒らない。怒っても意味がありません。誰しもいつかできること。怒るだけ損ですし、逆戻りの可能性も」(4歳と2歳と9ヵ月・男の子のママ)

オムツをとるのに時間のかかるお子さんでも、一生オムツがとれないことはありません。とおおらかな気持ちで接してあげましょう。

ポイント3:たくさん褒める

「本人がやりたがるときにやらせて、褒めたら、意外とすんなりできた。」(14歳と12歳・女の子、8歳・男の子のママ)
「失敗はなかったことに、成功は大袈裟なくらいに褒めてもち上げる」(9歳・女の子のママ)

褒めて伸びるお子さんは多いもの。トイレに座ったら褒める、おしっこがでたら褒める。トイレトレーニングは「褒め」が鍵のようです!

いかがでしたか? これからトイレトレーニングをはじめるみなさんは、きっと不安もいっぱいだと思います。しかし、みんな通ってきた道。そう心配することはありません。焦らずに、お子さんのペースに合わせて賢くトレーニングしていきましょう。

(文:Tomomi Sno)