ひとりドラマ鑑賞が至福の時間!? 現代ママたちのドラマ事情

0818

家事や子育て、仕事と大忙しのママ。現代ママは朝起きてから夜寝るまで、とにかくフル稼働! そんな現代ママの様子を描いたドラマが最近増えているようです。でも実際のところ、忙しくてドラマを見る時間なんてないんじゃないの!? ということで現代ママのドラマ事情について聞いてみました。

7月スタートのドラマ見ていますか?

1位 見ている 61.2%
2位 見ていない 37.1%
3位 見逃した 1.7%

6割のママがドラマを見ているようです。忙しくても、ドラマを見る時間は確保できているようですね。

では、みなさんどのような時間にドラマを見ているのでしょうか。

ドラマはいつ見ますか?

1位 録画して夜見る 33.6%
2位 ドラマは見ていない 27.6%
3位 オンタイム 19.8%
4位 録画して昼間見る 17.2%
5位 録画して朝見る 1.7%

6割のママがドラマを見ているのですが、やはり忙しい現代ママのドラマの見方は従来と変化しているようです。というのも、ドラマを見ていると答えた6割のママのうち、5割が「録画したドラマ」を見ているという結果になったからです。「オンタイム」でドラマを見ることができるママは、2割にも満たないという結果に……。

ドラマを見る時間があるのではなく、ドラマを見るための時間をそれぞれのママが、生活スタイルに合わせて作っているようです。アンケート結果でもわかるように、「録画して夜見る」と答えたママが全体の3割と、1番多いことがわかりました。

続いて「録画して昼間見る」、最も少ない時間帯が「録画して朝見る」という結果となりました。朝はお子様のお弁当の準備や、ママ自身の身支度など、忙しい時間帯だと思いますが、そういった忙しさのなかでも、ドラマを見ているという事実が、関心の高さを感じさせます。

誰とドラマを見ますか?

1位 ひとり 50.0%
2位 パパ 11.2%
3位 子ども 7.8%
4位 両親または義両親 3.4%
5位 家族みんな 1.7%

この結果をみると、ひとりでドラマを見ているのが全体の5割です。さきほどのドラマを見る時間帯でのアンケート結果で「録画してドラマを見る」というママが5割でしたので、ふたつの結果からは「録画したドラマをひとりで、都合の良い時間に見る」といった想像ができます。忙しさのなかにも、うまく自分の時間を調整して楽しみの時間をつくっているようです。

ひと昔前では、ママが録画したドラマをひとりで見るなんて、想像しづらかったと思います。ドラマは家族だんらん、夜にお茶の間を囲んで見るもの、というイメージがありました。家族でドラマの次回を予想したり、あれこれ言いあったりするのが家族のコミュニケーションにもつながっていたように感じます。現代では家族みんなでドラマを見ているのは2割にも満たないようです。

しかし、家族みんなではなくてもパパ、子どもなど、誰かとドラマを見ているというママも2割ほどいます。時代に合わせて、生活スタイルが変化していくように、ドラマの見方も変化しているようですね。

ママ友とドラマの話をしますか?

1位 まったくしない 35.3%
2位 たまにする 32.7%
3位 あまりしない 26.7%
4位 よくする 5.1%

半分以上のママたちが、ママ友とドラマの話をしていないようです。たしかに、ドラマを見ているママが6割ですから、4割のママはドラマを見ていないとなると、ドラマの話になりにくいかもしれませんね。

また、いまのドラマは、ワーキングママであったり養子縁組だったり、見る人によってとらえ方が異なるようなドラマもあります。育った環境も、生活スタイルも違うママ友と、ドラマの話をして何か誤解をまねくことがあっても困るというのも現代ママたちの実情なのかもしれません。

忙しい現代ママたちのドラマ事情には、家族のために家事や育児をこなしながらも自分の時間も大切にする、そんな姿が垣間みえたようでした。ドラマを見ていないママもこれを機会に、録画したドラマを隙間時間に鑑賞してみてはどうでしょうか。

(文:相川涼)