親子の日フォトセッション!家族の「親子丼フォト」をママ記者が体験!

プロのカメラマンが撮影する自然な家族写真がステキ!

写真家のブルース・オズボーン氏が提唱する「親子の日」にちなんで、出張撮影マッチングサービスの「fotowa(フォトワ)」が開催した「親子の日フォトセッション」にママ記者が参加してきました!

この日は、「EPARKママこえ」会員のための時間を用意していただき、2組のママ記者親子が撮影を体験。
まずは、fotowa発案の「親子丼フォト」からスタート!
これはママたちの間で流行している、「ベビーマギング」(マグカップの中に赤ちゃんが入っているように見える写真)の
どんぶりバージョン。

oyako_3

これが「親子丼フォト」です!

 「親子丼フォト」のあとは、ママのリクエストを聞いて、時間までたっぷり撮影!
カメラマンとスタッフが楽しく盛り上げてくれるので、子どもたちもノリノリ!

oyako_4 

子どもとおしゃべりしながらのなにげない様子でも、カメラマンはシャッターチャンスを逃しません。
こんなに自然でステキな笑顔の写真が!

 
oyako_5

ママのリクエストで、ぐるぐる回しているところを撮影していたのですが、何度もするうちにふたりで倒れこんでしまいました。そんなことも楽しくて、ふたりともニコニコです。


「週末はパパが仕事でいないので、私がふたりの子どもの相手をしています。
そうなると写真を撮るのが私なので、子どもだけの写真ばかりなんです」と
5歳女の子と1歳男の子のママの高橋さん。
確かに、親子で写っている写真がないという声は多そうです。
パパも揃っての家族写真はなおさらですよね。

2歳になったばかりの女の子のママ、高塚さんは
「先日、写真館でドレスを着て撮影したんですけど、普段着の自然な写真もほしいなと思って」とのこと。
おすましの記念写真もいいけれど、子どもらしい自然な表情の写真も残しておきたいもの。

今回の撮影では、子どもたちも最後まで楽しそうで、ママたちも満足された様子。
プロのカメラマンが出張して撮影してくれるfotowaのサービスにも興味津々でした。


今回ご協力いただいた、出張撮影サービス「Fotowa」のサイトはこちら

(EPARKママこえ編集部)